広東碗

今日は。あめつちです。

『色絵松ちらし広東碗』を作りました。

じろやさん(web shop)に納品。

 

「お礼」

9日(火)をもちまして、金沢美術俱楽部にて開催「金美アートプロジェクトto the future」は終了いたしました。会期中、ご来場いただきました皆様には心より感謝申し上げます。

またどこかでお目にかかれますように。

おわり

 

お礼

今日は。あめつちです。

 

「お礼」

21日(金)をもちまして、千鳥さんにて開催「工房あめつち展」は終了いたしました。会期中、ご来廊いただきました皆様には心より感謝申し上げます。

またどこかでお目にかかれますように。

 

「個展」

個展について夫婦でよく話すのは、それが制作を続けてきたこれまでの自分達へのご褒美の場であり試練の場である、という事。ご褒美に試練を頂戴するのだから可笑しな話という気もするけれど。

個展はリアルを突き付けられる。そこにあるのはいつだって目を背けたい事が殆どだけど、ただ、踏ん張って見ていたら「有難い」という言葉が心から身に染みるようになった。

この度の個展も本当に有難うございました。

おわり

 

 

小鉢

今日は。あめつちです。

『陶四寸小鉢 各種』を作りました。

(「工房あめつち展」に出展予定)

 

「四寸小鉢」

現在、製作している全アイテムの中で恐らく一番何という事のない作品。

これといった特徴が無いのが特徴、といっても過言ではない気さえする。それでいて何故かうちの食卓において使用頻度が非常に高いという不思議。形なのかサイズなのか。「適材適所」という言葉が頭をよぎる。

ともあれそのささやか過ぎる実績を評価され、今でも個展の際にはどうしようかと悩みつつもつい作ってしまう。

 

ロクロを回していると不意に、まだ成形仕立ての柔らかく濡れた小鉢から

「特徴が無いと駄目ですか?」

と、真顔で尋ねられている様な気になる時がある。

「別に、いいんじゃないですか」

と、その都度ぽそりと声に出して返事をしている。

おわり