2017年度お礼

今日は。あめつちです。

 

「お礼」

24日(日)をもちまして、ギャラリー椋さんにて開催「晴・雨・そして雪」は終了いたしました。会期中、ご来廊いただきました皆様には心より感謝申し上げます。

尚、現在、石川県立伝統産業工芸館にて開催中「ポケットにはちまんさん」は年内30日(土)まで、年明けは5日(金)から22日(月)まで引き続きご高覧いただけます。お待ちしております。

今年も誠にありがとうございました。

またどこかでお目にかかれますように。

おわり

 

広告

小物

今日は。あめつちです。

『色絵金平糖容れ』を作りました。

(「晴・雨・そして雪」に出展予定)

 

「お礼」

7日(木)をもちまして、84さんにて開催「あめつち展」は終了いたしました。会期中、ご来店いただきました皆様には心より感謝申し上げます。

またどこかでお目にかかれますように。

 

「広島」

個展アテンドの為、広島は84さんにお邪魔してきました。

三年ぶり三回目となる個展だけど、毎回感じ入るのは広島の人達の親切と優しさ。知ってる人も知らない人もみんな。どうしてこんなに優しいのだろう…

こうなると何だかもう、ふうっと窓辺に飛んできた小鳥から街路樹を揺らす風までが、優しい。気持ちは伝染する。

あらためて、真に広島は平和を体現した街だった。

おわり

 

小皿

今日は。あめつちです。

『色絵御神籤小皿』を作りました。

(「あめつち展」「晴・雨・そして雪」に出展予定)

 

「御神籤モノ」

毎回という訳ではないけれど、年の瀬に催されるイベント時にだけ思い出したように作る御神籤モノ(今回は四寸小皿)。四季とか旬といった感覚はとても大切なものだと思っていて、出来うる限りそれは作品にも反映させたいと考えていて、その結果、年々作品数が膨れ上がり正直すでに把握が困難な状況になってきていて。少し困っている。

閑話休題。作品を前に、「これはどう使ったら良いですか?」というご質問をたまに受ける。勿論その際には個人的に思い浮かんだ事をありのままお話しして、ご参考までに、と付け加えている。しかしそうではない限り積極的に使い途の提案といった事は、基本しない。それはひとつには、自分の発想が貧困で詰まらないから。もうひとつには、作り手として、どう使われるか、の方が気になるから(むしろ教えて欲しいです)。人それぞれに生活様式が存在し、食の好みも異なるのだから、どの作品も心から「好きな様」に使ってもらえたらと思っている。しかしながらこの御神籤モノだけは、これだけは密かに使い方に希望がある。即ち、全く絵が見えない様に盛り付け、もし複数点お持ちの方はシャッフルしてから食卓に並べて欲しい、という事。これはこの一連のアイテムが生まれた時から使い方、こぼれる笑顔まで想像して作ったものだから。

差し出がましいとは思うのだけれど、もしよければどうかその様に使ってやって下さい。

おわり

 

小皿

今日は。あめつちです。

『陶木瓜小皿 各種』を作りました。

(「あめつち展」に出展予定)

 

「お礼」

26日(日)をもちまして、まちのシューレ963にて開催「金沢展」は終了いたしました。会期中、ご来店いただきました皆様には心より感謝申し上げます。

またどこかでお目にかかれますように。

おわり

 

今日は。あめつちです。

『色絵鶴絵取り皿』を作りました。

(「あめつち展」「晴・雨・そして雪」に出展予定)

 

「色絵鶴絵取り皿」

以前、このブログでもご紹介した「色絵庭には二羽取り皿」という作品の同形絵違い皿である。実は今回も「二羽取り皿」を描いてもらうつもりで製作したのだけれど、絵付係Mが「もうすぐ酉年終わるから鳥ではない柄にする」と言うので渋々これを了承した(それを言うなら他にも鳥柄作品たくさんあるのにな…とは正直思ったが)。かの皿は所謂、闘鶏図であったので安直に闘犬図にでもするつもりかしら、などと考えていたらこれが出来上がってきたので驚いた。もっと驚いたことにその後Mからは何の説明もない。その為、僕からも特に何も聴かないのだけれど、この際言わせてもらおうと思う。

「鶴も鳥だよ」

おわり

 

うどん鉢

今日は。あめつちです。

『色絵うどん鉢』を作りました。

(「金沢展」に出展予定)

 

「香川県」

言わずと知れたうどん県。そして盆栽松生産シェア日本一の盆栽県でもある。

遡ること~ヶ月前。

成形係G(以下G)「今度の乙女展(※乙女の金沢展の略)何作ろうか?」

絵付係M(以下M)「うどん鉢と植木鉢!!」

G「うん、でも初の香川県(での乙女展)だし、ご挨拶兼ねてもう少し定番の器とか小物がいいんじゃないかな?」

M「うどん鉢と植木鉢作りたい!!」

G「きっとどのご家庭でも既にうどん鉢持ってるでしょう?」

M「そうだよねぇ。でもうどん鉢出したい!植木鉢も!!」

 

G「・・・・・・・・はい(譲る気ないやつだコレ)」

そういう訳でうどん鉢と植木鉢を作りました。お手に取っていただけましたら幸いです。

おわり

 

飯碗

今日は。あめつちです。

『色絵田植え飯碗』を作りました。

(「北海道のごはん展」に出展予定)

 

「色絵田植え飯碗」

昔の田植え風景に想いを馳せながら作った飯碗。取ってつけた様な絵柄だけれど、別に「お百姓さんに感謝をして食べなさい」などと説教臭い製作意図は毛頭ない。念のため。

しかし先日のこと。たまたま飯碗をお探しの方にこの「田植え飯碗」をお見せしたら、ゆっくりと丁寧にご覧になられた後、

「実家が農家なので、子供の頃から田植えの時期にはよく手伝いをさせられたのです。これを見ていると何だかキツくて辛かった事を思い出してしまうので他の飯碗ないですか?」

あらためて深く感謝した。

おわり